総合型地域スポーツクラブ

総合型地域スポーツクラブとは

総合型地域スポーツクラブとは
 文部科学省が掲げる、「スポーツ振興基本計画」の施策の一つで、国民の誰もが、それぞれの体力や年齢、技術、興味、目的に応じて「いつでも、どこでも、いつまでも」スポーツに親しむことができる生涯スポーツ社会を実現することを目指しています。


総合型地域スポーツクラブを必要とする社会背景

 ・子どもたちの体力、運動能力の低下
 ・スポーツとの関わりの二極化傾向
 ・少子化等に伴うクラブ活動の危機  など。

 
・家庭・学校・地域の連携強化(地域コミュニティの再考)な
ど。・・・


・高齢社会の進展
・余暇時間の増大  など。


総合型地域スポーツクラブと今までのクラブの違い
 ・同一世代だけでなく、地域の誰もが気軽に参加でき、全ての世代が参加できる多世代型であること
 ・単一種目でなく、様々な種目を行い、参加者が好きな種目を選択できる多種目型であること
 ・必ずしも競技のためのスポーツだけでなくそれぞれのレベルに応じた指導プログラムが選べること   など。


総合型地域スポーツクラブがもたらす効果
 ・週1回以上のスポーツ実施率が上がり、健康水準の改善(ひいては医療費の軽減)につながる
 ・スポーツを楽しむ豊かな暮らしの実現
 ・青少年の健全育成
 ・高齢者の生きがいづくり
 ・地域教育力の回復
 ・世代間交流の促進
 ・クラブ活動の活性化  などが期待されています。


このようなことをふまえて、佐世保市では地域の実状に合ったクラブづくりを目指し、その活動を支援しています。

(佐世保市における総合型地域スポーツクラブ)
  ・相浦日野地区総合型地域スポーツクラブ     相浦・日野総合スポーツクラブ     (16年4月クラブ設立)
  ・中央地区総合型地域スポーツクラブ        Will Do(NPO法人)            (17年11月クラブ設立)
  ・佐世保北総合型地域スポーツクラブ        トライ(NPO法人)            (18年10月設立)
  ・江迎地区総合型地域スポーツクラブ        スマイル江迎スポーツクラブ       (20年4月設立)
  ・日宇地区総合型地域スポーツ・文化クラブ     レゾナンスクラブ              (20年5月クラブ設立)
  ・大野春日柚木地区総合型地域スポーツクラブ  やまんた倶楽部              (21年4月設立)
  ・鹿町地区総合型地域スポーツクラブ        スポーツクラブしかまち(NPO法人)  (21年10月設立)
  ・佐世保西地区総合型地域スポーツクラブ     スポーツクラブなぎさ           (22年7月設立)
  ・東部地区総合型地域スポーツクラブ        東部スポーツクラブきずな        (23年10月設立)




posted at 14:09:00 on 2014-12-01 by SASA all - Category: 総合型地域スポーツクラブNews
前後の記事


この記事に関するお問い合わせは、メールまたはお電話でお問い合わせください。

戻る