佐世保卓球協会

団体紹介

>

『健康維持向上と高齢者の機能回復効果』


 昭和23年佐世保卓球協会として発足。現在40団体が登録し、会員は650人です。年間開催試合数は20数回で、小・中・高校生は登録していませんが、協会が主催して年に6回ほど小・中・高校生を対象に、大会を開催し、競技力向上に努めています。
 中国は世界トップレベルの卓球王国なので、佐世保市の友好都市・福建省厦門市の少年選手団と市内中学生との交流試合を相互に5年毎に開催しています。平成24年は佐世保選手団が訪中しています。
 また、平成28年には、佐世保市の友好都市・韓国のパジュ市から中・高校生が来て、交流試合を行いました。
 卓球が健康維持に効果的と言われ、特にお年寄りの機能回復に成果が出ているようです。なお、ラージボール卓球が盛んになっており、中高年層、家庭婦人への普及につとめています。

■会 長:堀田 義純
■連絡先:理事長 村 博愛 (TEL 0956-31-2389)