佐世保卓球協会

団体紹介

>

『佐世保卓球協会』



【主催事業】
1) 各年齢層を対象とした卓球大会を開催する。
2) 児童生徒・学生・社会人の卓球の普及及び技術強化のための、合同練習会の開催。
3) 県民体育大会(卓球)・全九州卓球大会の佐世保市代表選手の競技力向上・強化事業
4) 卓球競技の指導力向上を目的とする、優秀指導者育成事業の推進
5) 学童から社会人を対象として、職場、クラブの本協会登録制を実施し、会員相互の技術向上のため、研修会や大会を実施。
6) その他

【活動紹介】
 昭和23年、佐世保卓球協会として発足、現在38団体が登録し、会員は700人超です。
年間開催試合数は27回で、令和4年度から小・中・高校生が協会登録し、協会主催の大会を年間12回ほど開催し、競技力向上に努めています。
 中国は世界トップレベルの卓球王国なので、佐世保市の友好都市・福建省アモイ市の少年選手団と市内中学生との交流試合を開催していましたが、ここ10年間はありません。
 なお、平成28年には、韓国の友好都市・パジュ市から中高校生が来訪して交流試合を行いその返礼として、平成29年6月佐世保商業高校生を引率、パジュ市を訪問し交流試合を行いました。
 卓球が健康維持に効果的と言われ、特にお年寄りの機能回復に成果が出ているようです。
 なお、ラージボール卓球が盛んになっており、中高年層、家庭婦人への普及に努めています。

■佐世保卓球協会副理事長   小山 るみ子
■連 絡 先   : 小山 るみ子 (TEL 090-7983-5553)