佐世保卓球協会

団体紹介

>

『佐世保卓球協会』



【主催事業】
1) 各年齢層を対象とした卓球大会を開催
2) 児童生徒・学生・一般の卓球普及および技術強化のための合同練習会の開催
3) 全九州卓球大会・県民体育大会(卓球)佐世保市代表選手の競技力向上・強化事業
4) 卓球競技の指導力向上を目的とする優秀指導者育成事業の推進
5) 一般を対象として、職場、クラブの本協会登録制を実施し、会員相互の技術向上のため、研修会や大会を開催
6) その他

【活動紹介】
 昭和23年、佐世保卓球協会として発足、現在40団体が登録し、会員は650人です。
年間開催試合数は20数回で、小・中・高校生は登録していませんが、協会が主催して年に6回ほど小・中・高校生を対象に大会を開催し、競技力向上に努めています。
 中国は世界トップレベルの卓球王国で、佐世保市の姉妹都市、福建省アモイ市の少年選手団と市内中学生との交流試合を交互に5年毎に開催しています。平成24年は佐世保市選手団が訪中しています。
 また、平成28年には、佐世保市との姉妹都市、韓国のパジュ市から高校生が来て交流試合を行いました。
 卓球が健康維持に効果的と言われ、特にお年寄りの機能回復に成果が出ているようです。
 なお、ラージボール卓球が盛んになっており、中高年層、家庭婦人への普及に努めています。

■会長兼理事長:村 博愛
■連 絡 先   :村 博愛 (TEL 0956-31-2389)