公益財団法人佐世保市体育協会

県内のインフルエンザ流行警報は継続中です!

第6週(2/4〜2/10)の県内のインフルエンザは流行のピークはすぎ、報告数も減少しているものの、県内全域から報告が上がっており、「インフルエンザ流行警報」は継続中です!

佐世保市の2019年第6週(2月4日〜2月10日)の定点あたり報告数は29.91となっており、県内の他の地区より多い状況ですので、今後の動向に注意が必要です。

今後も流行が継続するおそれがありますので、ワクチンの接種や外出後の手洗いの励行、定期的な換気、「咳エチケット」の徹底など、積極的な感染予防を心がけましょう!

以上、長崎県感染症情報センターの「2019年第6週週報概要」より一部抜粋。

インフルエンザ予防策等

〜かからない!〜
・外出後は石けんで手洗いをしましょう。
・インフルエンザのワクチン接種は発症予防、重症化防止に有効なことから希望される方は、かかりつけ医と十分、相談のうえ接種しましょう。(効果の発現までに2週間程度を要します)
・体力が低下しないように十分な栄養と休養をとりましょう。
・室内を乾燥させないようにし、また定期的に換気を行いましょう。
〜うつさない!〜
・インフルエンザを広げないために『咳エチケット』を心がけましょう。
・『咳エチケット』とは・・・
・咳・くしゃみが続いたら、他の人にうつさないためにマスクを着用する。
・マスクをもっていない場合は、ハンカチ、ティッシュなどで口と鼻を押さえ、他の人から顔をそむけて1m以上離れる。
・鼻汁・痰などを含んだティッシュはすぐゴミ箱に捨て、手のひらで咳やくしゃみを受け止めたときなどはすぐに手を洗う。
・咳・くしゃみは、手で覆わず、衣服の袖でおさえる。咳をしている人にマスクの着用をお願いする。
〜早期受診〜
・インフルエンザにかかったなと思ったら早めに診療機関を受診しましょう。
・無理をして学校や職場などに行かないようにしましょう。



posted at 09:30:00 on 2019-02-17 by SASA all - Category: Topics
前後の記事


この記事に関するお問い合わせは、メールまたはお電話でお問い合わせください。

戻る