公益財団法人佐世保市体育協会

ジュニアスポーツにおける適切な指導について

公益財団法人佐世保市体育協会
加盟競技団体 各位

                                                   佐世保市教育委員会スポーツ振興課
                              
                                                   公益財団法人佐世保市体育協会  


                   ジュニアスポーツにおける適切な指導について

 日頃より本市のスポーツ活動にご尽力及びご協力をいただき感謝申し上げます。
 さて、ジュニア期のスポーツ活動については、各学校やクラブ単位で行われており、子どもの心身の成長に大きく寄与するものであります。
 また、ジュニア期からスポーツに取り組むことで競技レベルの向上につながり、特に地元選手の活躍は、我々スポーツに関わる人に夢や希望、感動を与えるなど、スポーツに対する期待は益々高まっています。
 一方、勝利至上主義や指導者の意向による一方的な指導など、日本スポーツ界の悪しき体質・旧弊の中、暴言や暴力による体罰などが大きな社会問題となっており、看過できない状況にあります。
 そこで、我々ジュニアスポーツに携わる者は、「体罰を行わない」、「体罰を容認しない」、「体罰を見過ごさない」という意識のもと、体罰の根絶に向けて、加盟競技団体と一体となって進めていかなければならないと考えております。
 つきましては、各競技団体におかれましては、これまでも体罰への対策に取り組まれていることと存じますが、各チームに対しての周知をよろしくお願いいたします。

参考 体罰等の許されない指導と考えられるものの例(別紙)⇒こちら(365.4KB)

                                                               以  上


関連して、2018年7月12日にHPに掲載いたしました、「スポーツインテグリティ??って何」を再度お知らせいたしますので確認をお願いいたします。
「スポーツインテグリティ?? 何」





posted at 10:36:00 on 2019-07-22 by SASA all - Category: Topics
前後の記事


この記事に関するお問い合わせは、メールまたはお電話でお問い合わせください。

戻る