佐世保市テニス協会

団体紹介

『県内トップの伝統とジュニアの成長』


 県内でテニスと言えば佐世保、佐世保と言えば親和銀行がテニスの代名詞。それほどに佐世保とテニスの結びつきは深いものがあります。親和銀行は県内唯一のテニスクラブを持ち、県と市の協会の役割を長い間つとめました。
 1969年(昭和44年)の長崎国体開催を機にクラブも増え、親和銀行テニス部を核に市テニス協会が1983年(昭和58年)に発足しました。現在、50クラブを越え、各自各々が高い目標を掲げて、日々プレーに励んでおり、当協会主催の大会が年間20大会実施され、佐世保市テニス選手権及び佐世保少年・少女テニス大会は30年を越え、そして、60歳以上の熟練者を対象に年2回の「シニアオープン大会」は16年を迎えます。また、幼児、低学年を対象に「子供テニス教室」を開催し、毎年多くのジュニアが参加しています。
 今後ますます盛んな大会になるよう、また、テニス愛好者が増すよう底辺の拡大等に日々努めています。

■佐世保市テニス協会(STA)事務局
  池上 治夫
  佐世保市山手町25−9
  Tel&fax 0956-55-3747
  Email:stasasebo@tvs12.jp
  *テニス協会HP